MapleStoryの杏鯖で活動するビショップの日記ですヾ(゚ω゚)ノ゛


by takapuni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

学校おサボり

なんとか進級できそう@高プニです。
15日までに追試の電話がかかってこなかったら進級確定・・・。
そしてテストの結果的になんとか平気そうな感じです(ノ´∀`*)
あとは20日の終業式に登校するだけなので、
明日から春休み同然です。

学校へ登校するときは基本的に待ち合わせはしてないのですが、
中①の頃からの付き合いで
現在同じクラスのバンドマン・S君とよく一緒に行ってます。
S君との朝の会話
S君『今日テスト返却だけだろ?だるいなー。』
高プニ『だなー。』
S君『マックかどっかで時間潰さね?』
高プニ『いいねー。カラオケでもいいよ(笑)』
S君『カラオケはまだ料金高いか開いてなくね?』
高プニ『あぁーそっか。』
S君『まぁとりあえずマックだな(笑)』
というわけで学校サボッてマックへ行きました(笑)

S君はスモーカーなので喫煙席の方へ。
煙草の臭いが嫌いな俺にとっては苦痛でした><
雑談しながらソーセージマフィンを食べ、
S君は一服しようと煙草を取り出したのですが
S君『やべっ、ライターねぇ(笑)』
高プニ『馬鹿だろお前(笑)』
S君『火持ってない?』
高プニ『俺煙草吸わないからないなー。
     ハッカ(発火)ののど飴なら持ってるけど(笑)』
S君『死ねお前(笑)』
高プニ『そんなに吸いたかったらその辺の人に借りてくれば?』
S君『それいいね!』
高プニ『冗談だよあほ(笑)
     制服姿で「火貸してくれませんか?」ってどんな高校生だよお前(笑)』
S君『いやでもそれしかない(笑)』
結局10分ほど悩んだ末、近くに座っていたおばさんにライター借りてました。

その後コンビニで少し時間を潰してから、
10時の開店と同時にカラオケへ。
部屋へ案内されてる途中で
『お前先唄えよ』『いやお前唄えよ』とか言ってたら、
店員のおばさんが『じゃあ私が唄いましょうか?(笑)』と
ノッてきてくれてウケました。
30分だけ唄い、10時40分頃学校へ到着。
今日は午前中だけなので11時半頃に下校。
そして他の友達とカラオケ③時間行きました(笑)

さらに明日はS君・H君・A君と④人でカラオケ④時間の予定です(;´瓜`)
声出るかなぁ・・・。
[PR]
by takapuni | 2007-03-12 23:59 | リアル日記